タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

中央区銀座エリアの自宅

中央区銀座エリアの自宅

 

東京都中央区銀座エリアの自宅では、交通費無料で深夜1時までのタイ古式出張マッサージが受けられます。

 

❶ 中央区銀座の概要

銀座(ぎんざ)は、東京都中央区の地名で、旧京橋区の地域にある。日本有数の繁華街であり下町の一つでもある。東京屈指の高級な商店街として、「銀座」の名は一種のブランドになっており全国各地の商店街には「○○銀座」と呼ばれる所がそこかしこに見受けられる。銀座の地名の由来は、江戸時代に設立された銀貨幣の鋳造所のことで、1601年(慶長6年)に京都の伏見に創設されたのが始まり。1606年(慶長11年)に駿府(現・静岡市)の置かれていた幕府の銀座鋳造所(銀座役所)が、1612年(慶長17年)に江戸に移され、後1800年に東京の蛎殻町に移転して以来、元の「新両替町」の名称に代わり「銀座」として親しまれるようになり、銀座役所が日本橋に移転されたあともこの地名が定着した。また、銀座四丁目交差点周辺は商業地として日本一地価の高い場所としても知られる。

銀座は東京都中央区の西部に位置し、西を千代田区、南を港区に接する。
近代になってからの都市計画に基づきさらに整備が加えられている。関東大震災後、後藤新平による震災復興の都市計画における目玉として、中央通りの東側に、新たな北東-南西軸(東京全体の南北軸の一部)として昭和通りが設けられた。また、数寄屋橋から銀座四丁目交差点、歌舞伎座前を経て勝どき橋方面へ至る、北西-南東方向の主要な直交街路として晴海通りが大通りとして整備され、銀座街区の西側には外堀通りが整備された。
このような整備にも関わらず、銀座内部の街路は昔ながらのものであり、通りから通りへと抜ける路地が多く点在し銀座らしい空間を醸し出している。

南東側を現在の首都高速都心環状線、その他を東京高速道路にぐるりと囲まれた地域である。
昭和通りの南東に位置する地域は、かつて木挽町と呼ばれる地域だったが、三十間堀川の埋め立てにより銀座と地続きとなったことから銀座東と改名し、1960年代後半に銀座西と共に銀座に統合された。首都高速都心環状線を挟んだ地域も含めて東銀座駅を最寄りとする一帯は、一般的に東銀座と呼ばれている。
一方、数寄屋橋を中心とする地域はかつて銀座西という町名だったが、地下鉄丸ノ内線の西銀座駅(現在の銀座駅)があったことなどから、町名が銀座となった今でも西銀座の名を冠した施設も散在する(例:西銀座デパート・西銀座チャンスセンター・西銀座通り)。

道路:南北に延びる道路を西からの順
銀座コリドー通り / 数奇屋通り / 東京都道405号外濠環状線(西銀座通り・外堀通り)数寄屋橋交差点より南西側が「西銀座通り」/ ソニー通り / 並木通り / 西五番街 / 金春通り・すずらん通り・ガス灯通り中央通り – 銀座通過部分は「銀座通り」/ 信楽通り・あづま通り / 三原通り / 昭和通り


東西に延びる道路を北からの順
銀座桜通り / 銀座柳通り / 銀座マロニエ通り / 松屋通り / 東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線(晴海通り)/ みゆき通り / 交詢社通り(沿道に交詢社があるため)/ 花椿通り(かつては出雲通りだったが資生堂が買収)/ 御門通り

鉄道:東京地下鉄 銀座駅(銀座線、日比谷線、丸ノ内線)/ 都営地下鉄 東銀座駅(浅草線)/ 東京地下鉄 東銀座駅(日比谷線)/ 東京地下鉄 銀座一丁目駅(有楽町線)

 

 中央区銀座のエリアのマップ

TOPへ