タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

中央区晴海エリアの自宅

中央区晴海エリアの自宅

 

東京都中央晴海エリアの自宅では、交通費無料で深夜1時までのタイ古式出張マッサージが受けられます。

 

❶ 中央区晴海エリアの概要

晴海(はるみ)は、東京都中央区にある地名。晴海1~5丁目。明治中期から昭和初期にかけて行われた東京湾澪浚(みおさらい)工事および隅田川口改良工事でその大部分が完成した埋立地で、地名が命名される前は月島4号地と呼ばれた。

晴海は、1940年に開催予定だった紀元2600年記念日本万国博覧会の開催地として整備された後、多くの見本市やイベントが開催されていた東京国際見本市会場があった場所として知られるとともに、日本住宅公団(当時)が建設した晴海団地をはじめとする集合住宅が多数建築された。
1996年(平成8年)に東京国際見本市会場が閉場し、晴海1丁目地区が再開発されると、晴海アイランドトリトンスクエアの大型商業施設をはじめ、多くの高層ビルやマンションがオフィスビルの建設による再整備が行われた。2000年(平成12年)には都営地下鉄大江戸線が開通したことにより、勝どき駅、月島駅が交通拠点として加わり、それまで鉄道駅から遠く離れていた晴海の交通環境は大きく改善。
その一方で町域全体としては、勝どき駅とオフィス棟の歩行者数に対し、晴海通り北東側歩道の容量は決定的に不足したままである。ただし、2016年東京オリンピック構想(下記参照)では、スタジアムと鉄道駅の遠さが難点として指摘された(下記参照)。2010年(平成22年)、中央区独自の銀座 – 晴海間の路面電車 (LRT) 敷設方針が示され、2020年の東京オリンピック開催が決まったことにより、LRT計画の進展やゆりかもめの延伸が期待されている。
晴海にある晴海埠頭は南極観測船が出入港する岸壁としても知られ、晴海客船ターミナル付近には世界の客船が接岸するなど、東京の国際的な海上旅客交通の玄関口となっている。
2006年(平成18年)には晴海大橋が完成し、晴海通りが再開発の進む江東区豊洲や同・有明などの湾岸地区まで延伸された。「世界一コンパクトで高密度な大会」をスローガンとし、東京都が招致運動を続けてきた2016年夏季オリンピック構想ではメインスタジアムとなる東京オリンピックスタジアムは晴海5丁目に建設が予定されていたが、2009年10月に2016年大会はリオデジャネイロオリンピックと決まって東京への誘致が失敗したため、同スタジアムが建設されることはなかった。その後、誘致が成功した2020年に開催される東京オリンピックでは、晴海5丁目を選手村予定地としている。

 

❷ 中央区晴海エリアの自宅での出張タイ古式マッサージに関する情報

出張先エリア名中央区晴海エリア
住所中央区晴海1~5丁目
中央区関連のHP「中央区のHP」
「ほっとプラザはるみ 」
「 晴海をよくする会 」
中央区晴海に
関するデータ
❶世帯数:6,288/❷人口:13,343/❸男性人口:6,480/❹女性人口:6,863
出張タイ古式
マッサージの
予約について
中央区晴海エリアの自宅へは交通費無料で、深夜1時までご予約が可能です。
出張タイ古式
マッサージ
「イースト」
割引情報
east_jn_banner
出張タイ古式
マッサージを
中央区のホテル
でご利用の方へ
の情報
「晴海エリアを含めた中央区のホテルリスト 」

❸ 中央区晴海エリアのマップ

TOPへ