タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

中央区築地エリアの自宅

中央区築地エリアの自宅

 

東京都中央区築地エリアの自宅では、交通費無料で深夜1時までのタイ古式出張マッサージが受けられます。

 

❶ 中央区築地エリアの概要

築地(つきじ)は、東京都中央区の地名で、旧京橋区にあたる京橋地域内である。築地1~7丁目。市場(青果部・魚類部)は5丁目。

明治より京橋区役所や現在の中央区役所が置かれ、行政的中枢を担ってきた。東京湾の河口部に面している土地柄、海軍や中央卸売市場など、海運に関連する施設が存在した。「築地」は元来埋立地の意味で、東京築地も埋立地である。江戸時代、1657年(明暦3年)の明暦の大火の際に焼失した浅草御門南の西本願寺(現在の築地本願寺)の代替地として佃島の住人によってこの土地が造成された。その後、浄土真宗の寺院や墓地が次々と建立され、周辺は寺町のようになった。1869年には築地鉄砲洲(現在の湊から明石町)に外国人居留地も設けられた。このことから在日アメリカ人子弟向けの学校であるアメリカンスクール・イン・ジャパンの校舎が1902年の開校時に設けられていた。
江戸時代末期、江戸幕府は軍事力増強を目的として築地に講武所を設け、後に海軍部門の軍艦操練所を設置、主に海軍用地として使用された。

1923年、関東大震災が発生し、築地一帯は焼け野原となった。帝都復興計画に基づいて晴海通りや新大橋通りなどの大規模な道路の建設と区画整理が行われ、それに伴い多くの寺院が移転していった。復興が一段落した1935年には日本橋の魚河岸が築地の海軍用地に移転され、場外にも市場が形成。

鉄道:都営地下鉄大江戸線  築地市場駅
   東京地下鉄日比谷線  築地
   東京地下鉄有楽町線  新富町駅


道路:東京都道・千葉県道50号東京市川線(新大橋通り)/ 東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線(晴海通り)

 

❷ 中央区築地エリアのマップ

TOPへ