タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

中央区佃エリアの自宅

中央区佃エリアの自宅

 

東京都中央区佃エリアの自宅では、交通費無料で深夜1時までのタイ古式出張マッサージが受けられます。

 

❶ 中央区佃エリアの概要

佃(つくだ)は、東京都中央区の町名である。佃1丁目から3丁目までが設置されている。

1990年代から、東京都心に至近の高級タワーマンション街の先駆けとして名高い場所であった。

現在のは「石川島」「島」と呼ばれた二つの島(江戸時代後期に一体となった)を起源。
明治時代に南に拡張され、1896年(明治29年)までに、旧来の島部(佃島(現在の佃1丁目および佃2丁目北部))と、明治期における埋立部(新佃島西町(現在の佃2丁目南部)および新島東町(現在の3丁目))をあわせた。その後住居表示実施により行政上の住所が「佃」に統一され、今日に至っている。

中世において隅田川の河口部に位置していた島(森島、鎧島などと呼称されていた)を、1626年、旗本石川八左衛門重次が徳川家光から拝領し、その屋敷を構えたことから、その島が「石川島」と呼称されるようになった。
一方、徳川家康と同時期に江戸に移住した摂津国の漁夫たちが、1645年、石川島近くの砂州に築島して定住することとなり、この島を故郷である佃村にちなんで「島」と命名した(古地図には「田」の字の島が描かれ、現在の地図においても同様の形状が一丁目の一部に確認できる)。
江戸(現在の東京)の島の漁民の故郷は関西の佃村(現在の大阪府大阪市西淀川区佃)である。本能寺の変が起きた時、徳川家康はわずかな手勢とともに大坂、堺にいた。家康は決死の覚悟で本拠地の岡崎城へと戻ろうとしたが、神崎川まで来たところで川を渡る舟が無く進めなくなった。そこに救世主のごとく現れたのが近くの村の庄屋・森孫右衛門と彼が率いる漁民たちで、彼らが家康らに漁船を提供した。その結果、家康らは生きて岡崎に戻ることができた。後に家康が江戸に入った時、命を救ってくれた摂津・佃村の漁民たちを江戸に呼び寄せ、特別の漁業権を与えた。白魚を取って「つくだ煮」として将軍に献上した。
現在の佃1丁目・佃2丁目北部は、上記の石川島と島の場所に該当する。

水戸藩により創設された石川島造船所(現在のIHI(旧・石川島播磨重工業)の前身)が1876年(明治9年)に民間に払い下げられ、それが1979年(昭和54年)に操業停止するまで、旧来の島の部分を除き現在の佃の多くの部分はその敷地であった。
1986年(昭和61年)から、都心回帰の促進を図る目的で、8棟の超高層マンションを中心とする住宅群「大川端リバーシティ21」の整備が開始された。
個々の高さやデザインを少しずつ変えながらも全体として統一された外観を有し、明石町にある聖路加ガーデンと共に隅田川沿いのスカイラインを形成することになったリバーシティ21への評価は高く、開発主体である三井不動産の広告に度々使用される[5]など、都心部における居住エリア整備の成功事例と認識されている。

鉄道:東京地下鉄有楽町線 月島駅 – 出入口が設置されている。(所在地:月島)
   都営地下鉄大江戸線 月島駅 – 出入口が設置されている。(所在地:月島)

道路:東京都道463号上野月島線(清澄通り)/ 東京都道463号上野月島線支線(八重洲通り)/ 東京都道473号新富晴海線(佃大橋通り)

 

❷ 中央区佃エリアのマップ

TOPへ