「日本の東洋医学」のご案内

 

タイ古式出張マッサージのイーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会にご利用を。「日本の東洋医学」のご案内です。

 

その歴史

紀元7世紀(飛鳥、奈良時代)ころ、遣隋使、遣唐使として中国渡った留学生や僧侶が、当時の中国の差案先端の医学を日本に持ち帰ったことが、日本における東洋医学の幕開けです。ここから中国の伝統医学をベースにした東洋医学がスタートします。

その後、江戸時代期の鎖国などもあり、その輸入医学は日本国内で独自の発展をしていきます。

やがて江戸時代後期にはオランダより西洋医学が日本上陸します。それまでは中国医学が全盛の日本に新風が吹き、やがてオランダ医学が蘭学、もしくは蘭方と呼ばれるようになり、従来の中国医学は「漢方」と呼ばれるようになる。

1883年、国家資格の医師免許資格が西洋医学と決定したことにより、その後の流れが決定的になり、今に至る

備考:中国においても共産主義の中、中国医学も「神」という概念も以前はその理論の中にあったが、削除された。共産主義進展のなか、哲学的理論も削除変更が加えられて、今に至る。