タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

ホーム > 東洋医学

東洋医学

東洋医学

❶ 東洋医学とは?

 

いわゆる「伝統医学」と呼ばれるものと、重複する内容を含むが、一般には「伝統医学」が古代ギリシャに起源をもつ「ユナニ医学」をも含む、以下の三大伝統医学を指すのに対し、あくまでも東洋起源の伝統医学をいう。しかし、それは「視点」により異なり、内容は重複する場合もある。その境界は文脈により、定まってはいない、とされる。

 

❷ 三大伝統医学

① ユナニ医学:ギリシャを起源とし、アラビア圏・イスラーム圏で発達した伝統医学。
② アーユルヴェーダ北インドを起源とし、発達した伝統医学。
③ 中国医学:中医学ともいう。日本の漢方、朝鮮半島の韓医学にも影響を与えた伝統医学。

東洋医学をここでは、中国の中国医学、日本の漢方医学、インドのアーユルヴェーダ、タイの伝統医学(=Traditional Thai medicine (TTM))を指すものとする。

ほかにもチベット医学、モンゴル医学など・・・がある。

 

❸ 西洋医学

 

16世紀より、日本へと導入される。当初はポルトガル・スペイン系の医学が導入され、南蛮医学、紅毛医学などと呼ばれる。以降はオランダからの医学が独占するようになり、蘭方、洋方などと呼んだ。

従来の中国からの医学は漢方と呼ばれるようになる。そして、明治にかけて両者の力関係は完全に逆転し、西洋医学が優位を占めるに至る。

以降、北里研究所の中に東洋医学の研究所ができるのが、1972年。

 

❹ 東洋医学の再評価?!

 

近年、東洋医学の再評価は高まり、病院でも漢方医学の外来などもでき始めている。その背景には2001年より、正規に医学部教育の中で「東洋医学コアカリキュラム」として、導入されたことがあると、思われる。また、それ以前より、いわゆる補完医療、代替医療としての東洋医学が、西洋医学ではカバーしきれない部分を補い、自然治癒力、免疫力を高めて症状の改善を目指すということに、結果が伴っているという証なのかもしれない。

個人的には、過去において一部の化学薬品による重篤な副作用による問題や、様々な「圧力」の結果、薬品の効果が捻じ曲げられ、発売に至ったり・・・、みたいなことが、弊害に感じる。そこは2000年という歴史もあり、現在の漢方薬については、薬害などないだろうし・・・、その起源は自然界からであるし。でも激しい頭痛の時はバファXXも、飲むし便秘の時はコーラッXを飲みます。しかし、本来人間が持つ、自然治癒力を高めるという点に重きを置く、東洋医学の思想には大いに賛同できます。最近もありました、血圧を下げる薬に製薬会社の力が働き、どこかの先生がレポートに手を加える、・・・なんて。

 

代替医療としては「タイ古式マッサージ」以外にも「アーユルヴェーダ」「アロオイルマッサージ」「リンパオイルマッサージ」なども含まれる。

TOPへ