タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

ホーム > 東洋医学 > アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ

 

近年、現代医療の見直しの中で注目され、世界三大医学の一つとみなされる、インドの伝統医学・アーユルヴェー。その世界最古の医学体系は深遠な哲理と叡智を備えたもの。

最近は日本でも一種のオイルマッサージみたいな軽い扱いで紹介されることも、多いが…。

実際は3000年の歴史の上に培われてきた、伝統医学である、アーユルヴェーダ

他の「東洋医学」にも通底する概念だが、病気の治療だけでなく、病気を予防し健康を維持するいう日常の健康法が重要な位置を占めている。実際アーユルヴェーダの教えの中には「医師は薬箋よりも食箋を処方すべきである」というものがあり、医師により日常的な食事の指導がその大きな柱の一つとなっていたことが分かる。
そして、アーユルヴェーダのさらなる究極の目標は心身の浄化をはかり、精神の「解脱」を目指すものである。

アーユルヴェーダという言葉は、サンスクリット語のアーユス(生命、長寿)とヴェーダ(知識)という二つの単語を組み合わせたものから、来ている。

歴史的起源には諸説あるものの、おおよそ3000年前、紀元前1000年頃には原始的な体系が出来上がっていたといわれている。その後、1~5世紀ころには内科に重きを置いた「チャラカ・サンヒター」が、3~4世紀頃には外科に重きを置いた「スシュルタ・サンヒター」が成立したといわれる。

TOPへ