タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

ホーム > 東洋医学 > ヨーガ

ヨーガ

ヨーガ

ヨーガの経典によると、人体には7万2千本の脈管があるとされる。心身の統御により、神との合一をはかる、バラモン古来の修道法はインドの多様な宗教思想の影響をうけ、超越ともいえる人体観と生理学をも編み出した。現在では世界普及し、優れた健康法としても実践されている。インドの伝統行法ヨーガは、今やその地位はゆるぎないものになっている。

医学は病気を治し、人間の寿命を延ばせはするが、死そのものを根絶させることはできない。古来より人は権力者に限らず、不老長寿を望んできたが、いかなる人間も、それは不可能であった。死の前には無力であった。

しかしながら、インドにはその絶対的な死をも、終極点でなく、一つの通過点として、捉える考え方が古くから存在していた、これが業(カルマ)と輪廻の思想である。

古代より、インドの思想家は輪廻の束縛から心身を解放し、つまり解脱を得ることを、人間の最大の目標としてきた。これは「アーユルヴェーダ」の究極の目的と同じである。
そのために解脱に至るための手段として、様々な苦行や瞑想の技法が生み出され、長い時間をかけ、体系化されていった。こうして、成立したのがヨーガである。

その起源は明らかではないが、およそ5000千年まえに、インダス文明のその時代に、ヨーガ的な行が行われていたといわれている。文献上においては、古代インド思想を説く「ウパニシャッド聖典」(紀元前5世紀ころ、成立)においてである。そして、紀元4~5世紀ころには、それまでのヨーガの集大成といわれる「ヨーガ・スートラ」が成立。「ヨーガ・スートラ」には8段階の修行階梯があり、ヨーガ行者は各段階で修行を繰り返し、階梯を上がっていく。

TOPへ