タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

ホーム > タイ古式マッサージ > タイ古式マッサージの歴史

タイ古式マッサージの歴史

タイ古式マッサージの歴史

 

タイ医学の起源は、ある歴史上の人物にさかのぼる。

仏陀と同時代の紀元前5世紀頃、インドに住んでいた人物である。その創始者は「ジーヴァカ・コーマーラバッチャ:Jivaka Kumar Bhaccha」という、インド人。

タイ古式マッサージは、ヌアッド・ボラーン(Nuad Bo'rarn)と呼ばれる。タイ語でヌアッド(Nuad)は「手で触れて治療する、という意味。ボラーン(Bo'Rarn)はサンスクリッド語に由来する「古代の」もしくは「尊敬されて」いるという、意味。

これらの療法はもともと仏陀を中心に形成されたサンガ(Sangha)という、仏教僧の集団から始まった。「ジーヴァカ・コーマーラバッチャ:Jivaka Kumar Bhaccha」 は、仏陀のサンガの筆頭医師だった。その後、タイへ移ったといわれる。それに伴い、医学もタイへ導入された、といわれる。
タイ国民の約90%が仏教徒である。ワット(Wat)と呼ばれる寺院が診療所としてしても、地域社会で中心的な役割を果たしてきた。また、タイ古式マッサージ=「ヌアッド・ボラーン」とならび、瞑想やヨ-ガも重要な役割を担います。タイ国では伝統医学を実践してきたのは、寺院に住む僧や尼僧でした。

 

タイ古式マッサージへの仏教の影響

 

前述しましたが、国民の90%が仏教徒のタイ国では、タイ医学は、テラワーダ(ラマ・カムヘン王の治世時、国教とされた仏教のうち、小乗仏教の一派)仏教文化の発達とともに進化してきた。
タイ伝統医学の発達と歴史は、仏教の霊的教義の中に織り込まれ、タイ古式マッサージのテクニックの多くは、座して行う瞑想やヨ-ガの修行を容易にするため、開発され、活用されてきた、面もあります。

仏教と「タイ古式マッサージ」の関係についての詳細は「仏教医学参照ください。

 

 

 

TOPへ