タイ古式出張マッサージ イーストは東京都心部の滞在先のホテル、自宅などへ高い技術の出張タイ古式マッサージをお届けします。「タイム割引き」「カップル割引き」など各種割引もご用意!この機会に。

ホーム > タイ文化

タイ文化

タイ文化と著名人

 

1.芸能人編

 

日本の芸能人でもタイ国が大好きとか・・・、様々な理由で「タイ古式マッサージ」の資格を取得したり、タイ古式マッサージ店での勤務経験があったり、など。タイ古式マッサージとゆかりのある芸能人が何人かいます。

 

 

57007,1171678600,31

 

1)なかもと みゆき(1979年12月12日 – )は、日本の舞台女優。奈良県生駒市出身、在住。山吹草太事務所所属。
2005年、タイ王国衛生省(日本の厚生省)管轄のタイ古式マッサージの資格を、総本山ワットー・ポー(ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム)のマッサージ・スクールで習得。同年4月10日、表現活動の一環として、ココロとカラダの繋がりを考えた活動も開始。タイ古式マッサージの資格を活かし、リラクゼーション・サロンをオープン。オーナーを務めている。

公式WEB   http://www.poetryjapan.com/

 

89447,1178360859,1

 

2)歩りえこ(あゆみ りえこ、1981年9月22日 – )は、日本と台湾で活動する旅作家、女優、レポーター、旅行評論家である。本名は非公開。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。ワットポー直伝タイ古式マッサージ師資格を所持する。

公式WEB   http://www.rieko-ayumi.com/

 

 

shutterstock_128684234

 

3)龍野りな(たつのりな、1987年1月20日 – )は、東京都出身の俳優。身長160cm、血液型A型。愛称は、りなっぷる、ぷるるん。ドルチェスター所属。チェンマイでタイ古式マッサージの学校に通ったこともあり、マッサージも得意。

公式BLOG   http://ameblo.jp/tatsunorina/

 

 

45462298_ml

 

4)流浪馬里奥(さすらいまりお、1977年7月6日 – )は、日本の水面画家、旅人。マーブリング技法で書きあげる水面画、ライブ投影した空間美術を手がける。趣味は旅行、キャンプ。特技は編み物、野宿。2006年タイのワットポー寺院にてタイ古式マッサージ、タイ式フットマッサージのライセンスを取得している。

公式WEB   http://mblds7.wix.com/marble

 

 

 

2.文化人編(大学教授など)

 

日本の文化人でタイの文化に関連した学術論文を発表している研究者などを紹介しています。

 

59135,1150661406,1

 

1)  田辺 繁治(たなべ しげはる、1943年 – )は、日本の文化人類学者。専攻は社会人類学。国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。

   http://www.minpaku.ac.jp/aboutus/pe/tanabe/index

3) 小木曽航平

   http://researchmap.jp/7000005069/

2)  飯田淳子

   http://researchmap.jp/read0212453/

 

24560513_ml

 

小木曽航平は、1970年代後半から1980年代前半にかけて、タイ古式マッサージに注目した外国人がタイの学校に学びに来るようになり、この流れもグローバル化に大きく寄与していると指摘。政府の再編成によって、一度は排除されたものの、再度タイ式マッサージは「タイ式医療」を構成する一分野として体系化されていった。小木曽は、「政府によるタイ・マッサージの体系化は知識における2つの領野に分けて行われたと考えることが可能である。1つは医学的正当性を構築するための知識であり、もう1つは歴史的正統性を構築するための知識である」と述べている。政府の再編成で医療としての価値と文化としての価値を高めたタイ古式マッサージは、それによって経済的価値をも大いに高めた。1992年にタイで初めてスパが開かれて以来、スパはタイの代表的な観光地となり、現在ではタイ政府が推し進めるヘルスツーリズムの中核的な観光資源となっている。また観光体験としても大変な人気がある。

 

飯田淳子田辺繁治は、タイ古式マッサージを含むタイ式医療は、西洋医学=近代医療への懐疑から始まった代替医療として脚光をあびたにもかかわらず、結局は再び、権力の主体である政府の保健医療政策に再度組み込まれ、医療化されたものとして捉えている。

 

 

 

 

TOPへ